· 

仕事で信頼関係に大切な返報性の原則とは?

先日の創業塾で少しふれたことの補足です^^

https://ameblo.jp/coaching-hiro/entry-12511878780.html

 

 

みなさんは

 

「返報性の原則」

 

という言葉をご存知でしょうか?

 

 

 

返報性の原則とは

 

「人に何かをしてもらった時に、

 

お返しをしなくてはいけない」

 

と、無意識に思ってしまう人間の心理のひとつです。

 

 

 

例えば、スーパーで試食をしたとき、

 

何となくその商品を買わないといけないような気に

 

なることはありませんか?

 

 

「返報性の原則」が働くからなんですね。

 

 

 

逆に自分が何かをしてあげた時に、

 

相手からお礼や感謝がなかった場合

 

「あれ?」と、違和感を感じるのも、

 

 

「返報性の原則」を予想してしまうからでしょう。

 

 * * *

 

一方

 

「何かをしてあげたら後は期待せずに、与え続けなさい。」

 

という考えもあります。

 

 

「give&give」=与え続ける

 

ことはとてもよいことです。

 

 * * *

 

 

しかし、「与えてくれるのが当然だ」と、思われ、

 

感謝もされないどころか、

 

何かの機会に、いつも通り与えられなかった時、

 

相手が怒り出すことがあります。

 

 

「やってくれるのが当然なのに無視するのか!」と。

 

これは、依存です。

 

 

 

 

「相手が自分の期待どおりにしてくれるのが当然だと思いこみ、

 

それが叶わないと怒りを感じる」というものです。

 

 

* * *

 

 

もしも、自分が与えすぎる傾向がある場合は、

 

パターン化した関係性を見直す必要があるかもしれません。

 

 

与えることをやめた時、

 

相手は「いつもと何かおかしい」と、察知し、

 

不機嫌になるかもしれません。

 

 

しかし、少しずつ少しずつ変えない限り、

 

自分の境界線にどんどん入り込まれ、

 

自分のエネルギーを分け与え続けることになります。

 

 

改善が見られない場合、残念ながら、

 

相手とは、距離を置く必要があるというサインかも知れません。

 

 

 * * *

 

 

一方、

 

 

もしかしたら、「自分は依存的な傾向があるかな?」

 

と、感じたら、

 

 

 

● ためになる人の紹介、情報、機会、お手伝いを提供する。

 

●「ありがとうございます。」と、つねに言葉にする。

 

●「相手が尽くしてくれることが当然」と期待しすぎない。

 

 

など、強く心がけるとよさそうです。

 

 

 * * *

 

 

両方のタイプともに、

 

まずは、どちらの傾向があるのか、

 

「気づく」

 

ということが大切ですね^^

 

 

・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚

 

コミュニケーションオフィスアクアでは。

 

・組織の人材育成

(コーチング・ファシリテーション・アサーションなど)

 

・コーチング個人セッション

(9月は3名様の募集となります)

 

を承わっております。

 

お気軽にご連絡くださいませ!

https://www.com-aqua.com/

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゚