コミュニケーションオフィスアクアへのでのお問い合わせはこちらから

七倉廣香

コミュニケーション能力の向上を通してワンランク上の豊かさを創造するお手伝いをします。

後輩育成の早道とは?

新研修も無事に終わり、ほっとしています。

 

以前、どなただったか、有名大学で教えていらっしゃる有名な方の記事をネットで読んでいて、少し驚いたことがあります。

 

学生たちが就活や、新人研修を受けて「死んだ目」になっているのを何度も見た。

 

という内容。

 

以前記事にも書きましたが、人を抑圧することで思い通りに支配しようとする古いやり方がまだ行われているんだなと。

 

多分、それ以外の方法を知らないのだと思いますが。

 

今は人材育成の方法がたくさん開発されています。

コーチングもその一つです。

 

新人研修の際、みなさんすごく緊張されています。

その時に抑圧されると、「死んだ目」になってしまうのはもっともなことです。

 

私が新人のみなさんにお伝えしているのは、

 

「就活」をしている時と「入社後」とではまったく状況が異なるということ。

 

「ジャッジされる立場」ではなく「一緒に働く仲間」に変わっているとうこと。

 

研修で得られることは、

 

・心地よく職場になじんで、スムーズに仕事ができるようになるために、

どんどんいろんなことを教えてくれる。

 

・「知らない」ということで、傷つくことを未然に防げるメリットがある。

 

など。

 

いいことがたくさんあります。

 

先輩社員も「社会人としての自覚を持ってもらわなくては困る」など心の在り方に

 

目が行きがちですが、「社会人としての自覚」って、はじめて社会人になった人にとって、

 

わかりませんよね(笑)

 

 

具体的にどんな言動をすることが「社会人としての自覚がある」と言えるのか、

 

上手に伝えるには、

 

・「××するのはダメだよ」と否定形だと脅されているように感じるので、

 

・「○○するといいよ」と、肯定形に直すと受け入れられやすくなります。

 

 

つねにメリットを伝え続けることが後輩育成の早道です^^