コミュニケーションオフィスアクアへのでのお問い合わせはこちらから

七倉廣香

コミュニケーション能力の向上を通してワンランク上の豊かさを創造するお手伝いをします。

周囲の環境を変えたい時に気をつけるポイントは?

何となくこのままでいいのか?周囲と話が合わなくなっている気がする。

 

行き詰っている感じがする。 

 

そんな時、職場やコミュニティーなど環境を変えたいと思うことはありませんか?

 

もしも環境を変える場合、

そこにはポイントがあります。

 

アラフォー・アラフィフですでに「これ以上ない」というくらい頑張ってきた経験のある方なら、 「相性の良い場」を選ぶことです。

 

 

シンプルな判断基準としては、

「自分を大切に扱ってくれる場」です。

 

その逆に気をつけたいのは、

今のモヤモヤを打開するために、

 

「一兵卒に戻る」

という極論に走らないことです。

 

日本は「武士」の国でもあり、

なんだかとっても潔いイメージがある。

 

自分の立場を忘れて、

初歩レベルの場に身を置く。

何か新鮮な何かにふれようとする。

 

 

ですがそれは、「どうしてもそれを選ぶしかない」

という時以外、おすすめできません。

 

「良い悪い」でななく、 気づきレベルの差があると、

使っている言葉の意味合いが違い、誤解を生むことも。

 

 

今までのあなたの立場を忘れてステージが下の人達と

同等に振る舞うとします。

 

あなたが自分を下げて、接しているという気遣いを

残念ながら相手は気づくことができません。

 

歴然とした経験の差があるにも関わらず、

相手は察することができないのです。

 

 

あなたが蓄積してきた大切な知恵の価値も理解されず、

今まで培ってきたものを途絶えさせざるを得なくなることも。

 

 

確かに新鮮な何かは得られるかも知れない、

けれども、あなたを傷つける要素の方が、

 

上回ってしまうかも知れません。

 

つらいことから人間は成長すると言われています。

 

チャレンジが素晴らしいと賞賛される傾向もあります。

 

しかし、そこで起こる「違和感」にエネルギーを消耗させるために

「一兵卒」を選んだわけではないはず。

 

十分に頑張ってきたあなたなら、もうその段階は卒業です。

 

あなたの価値を十分に理解できる成熟した場に

身を置きませんか?

 

遠慮なくどんどん上を選んでいきましょう!

 

立場を忘れて対等に接しても安全な場。

 

あなたと相性があって、成長できる場。

 

どうしたらいいかわからない時には、

「待つ」という選択もありです。

 

 

相談相手が見つからない時には、

相性の良いコーチを探すこともおすすめです。

 

私も長年安心安全な場で話せるコーチがいて

とっても助かっていますよ。