コミュニケーションオフィスアクアへのでのお問い合わせはこちらから

七倉廣香

コミュニケーション能力の向上を通してワンランク上の豊かさを創造するお手伝いをします。

ちょっと込み入った話ですが・・・

 

「目標設定のコツ」

    &

「うまくいかない時のヒント」

 

~全体像を把握したら、できるだけたくさんできそうなことを出します。(ブレインストーミング)

 

その際「とうてい不可能」なことも出します。

 

その発想がのちのち、別なアイディアと結合し、今までにないおもしろい目標が見つかることがあります。

 

大きな目標でも、少しずつできるところから達成していくことが大切です~

 

「目標設定のコツ」:

 

●目標までの全体像を把握して書き出しておく

●どんな状況が達成か明確にしておく(イメージ)

●小さな行動をたくさん用意し、少しずつ達成する

●行動リストは貼るか手帳など見える場所に

●精神論のみで頑張りすぎない

●日にち・期間・金額・具体的行動を明確に

●やりやすい仕組みを考える

●確認・調査・情報収集など準備も大切

●ストレス解消法・つらい時の支えも用意(本・運動など)

●軌道修正のタイミングも考えておく(資金面・期限など・行動をやめるのも意外に難しい)

 

※参考:(SMART)

 

Simple        簡単

Measurable   計測可能(『心構え』などには工夫が必要)

Achievable    達成可能 (計画倒れは自己イメージを低下させる)

Result-based  成果が明確(テーマにそった結果がえられること)

 

Time-oriented  期限が決まっている(○月○にちまでに、など)

 

 

うまくいかない時のヒント(行動計画の見直しのポイント):

 

◆数値化する(整理整頓がテーマで→○月○日までに○冊本を処分する 等)

◆時間を区切る(ストップウオッチで30分間掃除 等)

◆目標設定の変更(三日間の大掃除を一週間に伸ばす)

◆良い習慣を紙に書いて貼る(ダイエットがテーマ「夕食は18時までに」等)

◆準備や下調べ(自分のタイプに合った方法を選択 等)

◆行動を小さくする(ダイエットがテーマで今までの運動のやり方がきつく感じられてスランプ→「一日三回ラジオ体操をする」 等)

◆思い込みに気がつく(「極限まで追い込まないと達成できない」 等)

◆自分の価値観を知る(そもそもその目標は必要があるのか?見直す)

 

※調子には波があるので、不調の時あきらめてしまったり、不調の原因探しに没頭するのではなく、

どんな風にやり過ごすのか?考え方や行動を見つける時期だと考えるとよさそうです♪

 

 

セッションでご一緒した時にやってみましょう♪