コミュニケーションオフィスアクアへのでのお問い合わせはこちらから

七倉廣香

コミュニケーション能力の向上を通してワンランク上の豊かさを創造するお手伝いをします。

組織内コーチ養成講座

COA認定コーチ~Communication Offiice Aqua認定コーチ

※ 異業種勉強会など任意のメンバーで実施することも可能です

特徴

組織内でコーチングを浸透させたい。

コーチングの技術を使って社員の意欲向上や若手の学習効果を高めたい。

そう考えているみなさまのための「組織内コーチ養成講座」です。

 

コーチングに対する関心が高く、本当に身につけレベルアップしたい方向けです。

多様なスタッフを抱える組織に導入しようとした際、単にスキルを学ぶだけではなく、上手く浸透するポイントを押させておくことが重要です。

 


メリット

・御社のご都合日程、会場を調整可能です。

(通常は養成機関の定めた日時に従うため、受講の継続が難しい場合がありますが、御社のご都合に合わせることにより、コーチになれるという目標を最後まで達成することができます!)

 

・組織に導入する際成功のポイントをお伝えします。

 

・九割以上出席と試験〈筆記と実技〉があり、必要であればCOA認定コーチの認定証をお出しすることができます。

(ICF国際コーチ連盟の認定が必要なかたは、他のコーチ養成機関をお勧めします。)

必要条件

・組織の最高責任者のご理解とご承諾が不可欠です。

・業務の一環として取り入れる専門スキルであることや、明確な目的について

 事前に組織全体へご了解いただけますようお願いいたします。

・一定数からなるプロジェクトチームとして推進することをおすすめします。

・プロジェクトチームの育成後全体への指導に広げると効果的です。

・プロジェクトチームが後々定期的に勉強会を開くことが成功の秘訣です。

【参考】
コーチング習得後、更に他の人に教える講座を開きたい方へのお知らせ

どのように教えたらいいか、コツを知りたいという声をもとに、
クイズ番組に参加しているかのように楽しんでもらえる!  ワークショップの作り方講座
を実施させていただくことができます。

コーチング講座はワークショップ形式をとります。
楽しい時間のうちに、参加者に参加と気づきを促す仕組みを知ることができます。

※開催ご希望の方はお気軽にご相談ください!


主な内容

□組織にコーチングが浸透する条件とは?

□コーチの存在意義とは?

□対等性とは?

□三大スキル(傾聴・承認・質問)

□グロウモデル

□目標設定のコツ

□事実と解釈

□コーチングのテーマ

□共感と同情の違い

□境界線

□信念を変える方法

□コーチングが使える場面 

□演習〈人生の輪、主なテーマ、イメージワーク〉

□感覚としてどうしても理解できない。コーチに向かないかも?と感じた時の選択肢。

□コーチングの効果を体験する

□行動ができない場合の対処方法

□他の分野との違い

□コーチングが使える場面

□仲間同士で練習する

このコースができた背景

私はまだコーチングがあまり知られていない頃から、数多くの企業研修でコーチングを

 

お伝えしてきました。

 

コーチングは自発性を促すコミュニケーションの方法なので、研修中もコーチングを用い

 

ご参加のみなさまにはとても活動的にご参加いただくことができました。

 

 

ですが、その経験の中で、気がついた事があります。

 


共通していたのは、その中でも研修担当の方の吸収力が抜群であることです。

 


それはなぜかと考えると、

 

 

・研修実施に対して責任がある

 

・研修計画や依頼書作成の段階で良く内容を理解している

 

・毎年度くりかえしコーチングを体験している

 

 

つまり、主体的にくりかえしかかわっているからです。

 

より深いコミットで継続的にコーチングと関わり、抜群の吸収力でコーチングを習得する人の数が増えると

 


・営業成績が向上する


・離職率が減る

 

・職場のコミュニケーション環境が向上する


 

など、本当の結果が表れてきます。

 

ですが、一年に一度、一日~二日程度の研修ですと、残念ながら変化をもたらすには時間が足りないのが現実です。

 

なぜならば、長年私たちが築いてきたコミュニケーションスタイルは「習慣」だからです。

 

「習慣」を好ましく変化させるには、最低でも半年ほどの時間と反復練習を行う必要があります。

 

コーチングを単発的に学んでコーチングを理解できたとしても、本当に出来るようになるには、

 

必要なだけの時間がかかるのです。

 

今まで仕事において、自分一人が上司・部下・顧客に気を配り、自分がいなくては組織が成り立たないのではないか?

 

という不安があったかも知れません。

 

ですが、コーチングの基本的な考え「自分の中に答えがある」ということに基づいて、

 

相手を信じ・委ね・答えを待ち・相手が納得のいく自発的な行動を促すという感覚をつかむと、

 

周囲も自分もとても楽になります。

 

そして、その感覚を職場全体に広げることで、互いに疲弊しきってきたスパイラルから脱出することができるのです。

 

 

また、コーチングを身につけると他者へのコーチングが可能なだけではなく、

 

今まで私たちが背負ってきた荷物をいったん降ろすことができるような、安堵感を得ることができます。

 

私たちは自分に何かが不足していると常に不安や焦りを抱えてしまいがちですが、

 

すでに「これ以上頑張れない」というほど精いっぱい頑張っており、行き詰まりを感じてしまうことさえあります。

 


ですが、コーチングを学ぶ過程において、すでに私たちが持っている資質・成功体験・スキル・大切にしている

 

価値観などに改めて気がつくことができます。

 

そのことで、私たちが休みなしに頑張ってきた人生の流れにいったん区切りがつき、

 

新たなる未来へ心機一転できる機会を得たと感じることができるのです。

 

 

私はみなさんにコーチングを身につけることで得られる爽快感

 

ぜひとも味わっていただきたいと思い、このコースを心からおすすめしいたします。

 

個である私達一人一人の変化が、周囲に大きな影響を及ぼしていくのです。