コミュニケーションオフィスアクアへのでのお問い合わせはこちらから

七倉廣香

コミュニケーション能力の向上を通してワンランク上の豊かさを創造するお手伝いをします。

企業研修

コミュニケーションオフィスアクアでは、企業向けにコーチング、ビジネスマナー、組織改革などの研修を行っております。

承り可能な研修メニュー

○新メニュー

企業内コーチ養成講座(別ページにリンクします)

  • ○メニュー

コーチング(聴く・引き出す)

アサーティブネス(伝える)

ファシリテーション(話し合う)
ビジネスマナー(かたちを整える)

 

※オリジナル研修メニューの作成も承っております。詳しくはお問合せください。


                       コーチング

管理職向けコーチング研修(例)

【研修テーマ】職場のチームワークづくりのためのコーチング

 

【最終目的と効果】

◆コーチングの基礎を(「傾聴」「承認」「質問」)通して個人と組織の役割期待を再確認する

・自分自身の「価値観と仕事の原点」と、職場における「役割期待」を再確認

・「タイプ分け演習」を通して、自他への理解を深めチームワーク作りに生かす

・効果的な目標設定のコツを知り「5%成長できる行動」を決める

 

-----【研修内容】(演習はその時々で選択します)-----

 

10:00 研修「テーマ」「最終目的」「全体像」の説明 (内容は上記)

 

10:15  アイスブレイク(場づくり)

    ・「ネームプレート作り」(意図設定を行う)

    ・グループの役割分担(参加意欲を促す)

 

    ・グループ名(共通点探しでラポールを築く)

    ・ポジティブルール作り(「協働関係」必要な「場づくり」と「言語化」の大切さを知る)

 

10:45  【講義①】コーチングの基礎とは? (30分間)

            ・傾聴(「種類」「非言語」「沈黙の効果」)

    ・承認(人がもっとも欲しいものは「受容感」)

    ・質問(「詰問との違い」「未来志向質問の方法」「5W1H」

 

11:15  【演習①】(35分間)

    ・傾聴(「傾聴レベル1.2.3」「空間の工夫」「態度のみで聴いていると伝える」

    ・承認(「受け止めてくれたと感じる表現」)

        ・質問(「詰問と質問」「未来志向質問」「Yes,No(縮小)質問と5W1H質問(拡大)を比べる」

         

11:50 【講義①】のふりかえりとまとめ(10分間)

 

12:00  昼食

 

13:00  午前中のふりかえり

13:20 【講義②】役割期待の再確認(30分間)

    ・自分の「価値観と仕事の原点」を「組織の役割期待」と結ぶ    

13:50 【演習②】(40分間)

    ・グループ討議:「この仕事を選んだ理由と自分が目指す未来は?」

    ・価値観を知る演習(「簡単なセルフコーチングの方法」「価値観のアセスメント」「自分取扱い説明書」など)

    ・すでに「役割期待」に応えている場面、さらにこれから生かせそうな場面は?

 

14:30 【講義②】のふりかえりとまとめ(10分間)

 

14:40  休憩

 

14:50 【講義③】4つのタイプ分けをチームワークに生かす(30分間)

    ・自分のして欲しいことが、相手のして欲しいことなのか?

        ・様々な価値観の種類がある

 

15:20 【演習③】(50分間)

    ・タイプ分け演習

    ・グループ討議:「自他への理解をチームワーク作りに生かすには?」

 

16:00 【講義③】のふりかえりとまとめ(10分間)

 

16:20 【講義④】全体のふりかえりとまとめ(20分間)

    ・効果的な目標設定の方法

 

16:40 【演習④】(15分間)

    ・グル―プ討議:今日学んだことから5%成長できる行動とは?

    ・各自目標設定発表

 

16:55 【講義】全体のふりかえりとまとめ(5分間)

 

 

17:00  終了                                                     

 

コーチング基礎研修(例)

【 研修の目的 】 

 ◆コーチングの全体像をつかむ

 ・良く『聴いて』相手の『能力を引き出す』対話力を身につける

 

【講義】コーチングの基礎知識

  ・歴史

  ・効果

  ・すすめかた ほか

 

【演習】スキル演習

  ・傾聴

  ・承認

  ・質問

  ・GROWモデル

 

【事例検討】

  ・コーチングが使える場面を知る

  ・現場の事例

 

6. 【行動計画設定】

  ・目標設定のコツ

 

 

※上記は一例です。

お客様のご要望にあわせて、オリジナルでメニューをおつくりします。

 

 

 

 

 

                     ファシリテーション

ファシリテーション研修(例)

ワールドカフェのコツ
ワールドカフェのコツ

 

【研修テーマ】組織やチームを円滑かつ促進させる会議の方法

 

【最終目的と効果】

◆複数人の話合い交流において清算的な合意形成が可能になる方法を知る

・ファシリテーターの役割を知る

・「場づくりの方法」を知る

・「議論の見える化」を知る

・「アイディア出しの方法」を知る

・「議論の流れ」を知る

 

 

---【研修内容】(演習はその時々で選択します)---

 

10:00 研修「テーマ」「最終目的」「全体像」の説明 (内容は上記)

 

10:15  アイスブレイク(場づくり)

    ・「ネームプレート作り」(意図設定を行う)

   ・グループの役割分担(参加意欲を促す)

   ・グループ名(共通点探しでラポールを築く)

   ・ポジティブルール作り(「協働関係」必要な「場づくり」と「言語化」の大切さを知る)

 

10:45 【講義①】ファシリテーションとは何か? (30分間)

    ・ 「従来の司会者とファシリテーターの違い」

    ・「グランドルールと物理的空間の工夫で場づくりを行う」

        ・「議論を描いて見える化する」

    ・ 「アイディア出しの方法(発散と縮小)」 

        ・「テーマの設定から結論を出すまでの構成」

   

11:15 【演習①】(35分間)

    ・議論を描いて「見える化」の基本

         

11:50 【講義①】のふりかえりとまとめ(10分間)

 

12:00  昼食

 

13:00  午前中のふりかえり

 

13:20 【講義②】「議論の見える化」の「フレーム」を選ぶ(20分間)

    ・様々な「フレーム」を使って議論を描き特徴をつかむ 

 

13:40 【演習②】(30分間)

     ・「マンダラ型」「リスト型」「マトリクス型」など様々な「フレーム」の特徴をつかむ 

 

14:10 【講義②】のふりかえりとまとめ(10分間)

 

14:20  休憩

 

14:30 【講義③】アイディア出しの方法(20分間)

    ・ブレインストーミング

 

14:50 【演習③】(30分間)

    ・ブレインストーミングとカテゴリー分け

 

15:10 【講義③】のふりかえりとまとめ(10分間)

 

15:20 【講義④】テーマの設定から結論を出すまでの構成(20分間)

    ・議論の流れを知る

 

15:40 【演習④】(50分間)

    ・発散と縮小の流れを知って議論してみる

        ・グループの結論の発表

 

16:30 【講義④】ふりかえりとまとめ(5分間)

 

 

16:35 【演習⑤】今日得られたことのまとめ(20分間)

    ・発表

 

16:55 【講義】全体のふりかえりとまとめ(5分間) 

 

 

17:00  終了

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

NEW! 2014.10.28 ファシリテーション研修(3時間の例)

 

【研修テーマ】組織やチームを円滑かつ促進させる会議の方法

 

【最終目的】

◆複数人の話合い交流において清算的な合意形成が可能になる方法を知る

・ファシリテーターの役割を知る

・「場づくりの方法」を知る

・「議論の見える化」を知る

・「議論の流れ」を知る

 

 

---【研修内容】(演習はその時々で選択します)---

 

13:00 研修「テーマ」「最終目的」「全体像」の説明 (内容は上記)

 

13:15  アイスブレイク(場づくり)

    ・「ネームプレート作り」(意図設定を行う)

   ・グループの役割分担(参加意欲を促す)

   ・グループ名(共通点探しでラポールを築く)

   ・ポジティブルール作り(「協働関係」必要な「場づくり」と「言語化」の大切さを知る)

 

13:45 【講義①】ファシリテーションとは何か? (30分間)

    ・ 「従来の司会者とファシリテーターの違い」

    ・「グランドルールと物理的空間の工夫で場づくりを行う」

       ・「議論を描いて見える化する」

    ・ 「アイディア出しの方法(発散と縮小)」 

       ・「テーマの設定から結論を出すまでの構成」他

   

14:15 【演習①】(15分間)

    ・議論を描いて「見える化」の基本

         

14:30 【講義①】のふりかえりとまとめ(10分間)

 

14:40  休憩

 

14:50  ここまでのふりかえり

 

15:00 【講義②】「議論の見える化」の「フレーム」を選ぶ(10分間)

    ・様々な「フレーム」を使って議論を描き特徴をつかむ 

 

15:10 【演習②】(20分間) 

    ・「マンダラ型」「リスト型」「マトリクス型」「ブレインストーミング」などの特徴をつかむ 

       ※演習はどれか一つのみ

 

15:30 【講義②】のふりかえりとまとめ(10分間)

 

15:40   全体の振り返りとまとめ(20分間)

 

16:00  終了

                      アサーティブネス

○アサーティブネス入門
○アサーティブな対話の基礎
○コミュニケーションタイプ-アサーティブ版
○信頼関係を大切にした『No』の伝えかたとは?(断る)
○信頼関係を大切にした『依頼』の伝えかたとは?
○批判に対処する方法とは?
○怒りの取り扱い方とは?
○建設的な意見の伝えかたとは? 
○相手に伝わるフィードバックの方法は?
○ほめる。おほめを受け取ることとは?

                       ビジネスマナー

研修テーマ例

○まずはやってみる!ビジネス動作確認








講座費用
【法人様向け】(札幌市内の例/市外の場合交通費別で5割増しとなります)
  20名まで 1~2時間枠 50,000円 ・3~4時間枠   80,000円  ・5~6時間枠  100,000円
  21~50名           80,000円           100,000円           150,000円
  50~100名         100,000円                       150,000円                       200,000円
    

他の研修内容と組み合わせることも可能です
100名以上の場合には費用が変わります。事前にご相談ください
まずはお気軽にお問合せください。  


お問い合わせ