*プロフィール*①~法人のみなさまへ

七倉廣香

コミュニケーションオフィスアクア

代表:七倉廣香(ななくら ひろか)

 

 

札幌在住。

大手ガス会社勤務・音楽教室運営などを経る。

2005年コーチングスクールを卒業後、すぐに個人セッションと講師業を開始。

ビジネスコーチングセッションではハウスメーカー経営者など、億単位の売り上げをサポート。

講師としては、企業・自治体・省庁・財団・商工会・自衛隊・創業セミナー・有名ホテルでの 経営者向け講演・市民講座・大学・専門学校非常勤講師など多数。理想の未来を描く「未来ア ルバム」開発者(日米コピーライト認証)。

研修テーマはコーチング・ビジネスマナー・ファシリテーション・アサーション他。

対象は新人、管理職、経営者、一般、学生など。

社会貢献活動は㈱サンリオのCSR活動の一環、

NPO法人ハロードリーム実行委員会元北海道幹事。

登壇回数のべ1000回。講師養成も行っている。

メディア出演は、RADIO T×T 。室蘭民報夕刊第一面。光文社月刊【CLASSY.】掲載。

 

 

 

 

 

*プロフィール*②【ロングセラー講師養成】ご受講をお考えのみなさまへ

室蘭市出身。

 

大手ガス会社、音楽教室運営等を経て2005年コーチ・研修講師として起業。

 

紹介等で講師業は軌道に乗るも、実際は2枚のレジュメ作成に下書き500枚、事前準備はカラオケ店で100回練習など緊張の連続。

 

そんな時「インストラクションの技術」があることを知り、再現性のある研修デザインと進め方を習得。

 

その後は民間企業・自治体・省庁等での経営者向け講座・市民講座・大学・専門学校講師や創業セミナーなど様々なテーマに対応できるようになる。

 

現在は、かつての自分のように四苦八苦している新人講師向けに養成講座も開催。

 

専門学校の非常勤講師になったフリーのカラーリスト、大学の准教授になった社会人大学院生、コミュニケーション講師との両立を始めた塾経営者などを輩出している。

 

*人材開発や研修で大切にしていること*

 

最も大切にしていることは

 

「動機づけ」

 

です。

 

ご受講のみなさまが

 

「なぜこれを行うのか?」

 

という「動機」が明確だと

 

 研修・講座の時間の集中度が高くなります。

 

 

それには3つの要素が重要です。

 

① Why me

 

② Why you

 

③ Why we

 

アメリカのTED(テド)が、主催する

 

「スーパープレゼンテーション」を

 

日本のテレビでも紹介していますが、

 

 司会者の、MITメディアラボ所長

 

 伊藤穣一氏の言葉です。

 

「話を聞くに値するメリットを、

 

相手に感じてもらえる動機を明確にする。」という点で、

 

 

 研修の場にも、共通していると私は考えております。

 

 

① Why me 「なぜ講師がこのテーマを扱うのか?」

 

② Why you  「なぜこのテーマが聴衆のみなさんにとって重要なのか?」

 

③ Why we 「なぜ今このテーマが重要なのか?」     

 

これらを感じ取ってもらうために時には、たとえ話をしたり、

 

 時には、グループ討議で自発的に見つけてもらい、

 

明確な動機づけ促します。

 

このように、動機を明確にすることで

 

「いつかできるようになる」ということではなく、

 

「今すぐできるようになる」ということにコミットしていただくのが、

 

私の大きな役割の一つだと考えております。

 

 

 

 

*私の強み*

 

自分の強みを発見するツール「ストレングスファインダー」の結果

 

私の強みは以下の三つでした。

 

・「個別化」

 

・「共感性」

 

・「成長促進」

 

「それぞれの人に対して共感しながら成長促進ができる」という強みです。

 

この3つは、対他者に対してのアプローチに強みがあるということを表しています。

 

 

 

その方や組織を多方面からサポートし、

 

一回り器を大きくすることをめざしています。

 

 

 

ミッション ヴィジョン ヴァリュー

【ミッション】

(存在意義、何を達成したいこと)

 

コミュニケーション能力の向上でワンランク上の豊かさを創造します

 

【ヴィジョン】

(目指すべき方向性、将来あるべき姿)

 

「未来」と「いま」をつないで幸福度の向上に貢献します

 

【ヴァリュー】

(何を大切に達成していくのか行動基準)

 

個別の理想に共感し成長促進します。